スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコをほめる

叱り方はどういう風にすればいいのでしょうか?叱るときにただ感情に任せて声を荒げたり、猫を叩いて苦痛を与えたりという飼い主と猫という信頼関係が崩れるような行為は絶対にしないでください。恐怖心が植えつけられるか、猫を興奮させてしまうようになってしまいますので絶対に注意するようにしてください。
次に叱るタイミングですが、「現行犯」が肝心です!猫がいたずらした結果を見て、そのことについて後で猫を叱ったところで、子ネコは何で自分が叱られているのかが分からず、効果が得られないと思います。叱るときには、そのいたずらする行為をしているときに叱るようにしましょう。叱るのとは逆で褒めることも猫には大切なことです。しかしほめ方にも注意が必要です。過剰に褒めすぎずに、猫が好きな場所を撫でてあげるなどコミュニケーションを充分にとるようにしましょう。それだけで十分に褒めてあげていることになると思いますよ。一度駄目なことを駄目と叱ったあとは、それを猫が認識するまで毎回叱ってあげるようにしましょう。決して、叱ったり叱らなかったりという事をしてはいけません。
ここで注意するのは、「現行犯」でしかるということです。見つけたことを後でしかっても、人間ではないのですから何について怒っているのか理解することが出来ませんよね。次に褒め方です。駄目なことを止めた場合は、すぐに褒めてあげましょう。このときに注意するのは「よくできたねぇ!!」などと大きな声を出さないということです。まず、一番大切な事は猫に悪い癖、困った行動がある場合、『どうして私の猫はこれをするんだろう?』と猫の立場で考えてみることです。『どうして??』が分かれば、解決方法も自然と分かります。
たとえば、『家具に爪を立てるので辞めさせるにはどうすれば良いか?』と言うことですが、猫が爪を立てるのは本能、大事な仕事です。それを辞めろと言っても通じません。爪を立てる対象を家具以外に設置してあげれば良いだけのことです。買ってあるけど使わない、と言う方がいますが、それは諦めが早すぎるのです。爪とぎの場所、種類に工夫が足りないのでは?十分に工夫しないで諦め、家の中はボロボロ。猫がいると家がこうなるのは仕方がない、と言う飼い主さんがいますが、それは違います。
我が家には猫がいても、何一つボロボロではありません。猫に対しての間違った知識を世間に広めることになるので悲しいです。猫は必要がなければ、絶対に定位置でしか爪を立てません。子供がしつこいのがストレスになり、そのストレスのために爪を立てたり、粗相をした場合、これは猫のせいではなくて子供のせいです。猫ではなく、子供をしつけましょう。トイレを使わない猫については、『トイレの話』を参考に。子猫が大人猫を追いかけて迷惑だからと、子猫を捕まえて叱る人がいますが、これも大間違いです。子猫が物を追いかけるのは本能であり、とても大事なことです。
だからと言って、ずっと追い掛け回されるのは大人猫にとっては大迷惑。ではどうするか?答えは簡単です。追いかける対象を別に作ってあげればよいのです。釣竿式のおもちゃで、十分に走り回らせて遊んであげてください。子猫のエネルギーが消費されれば、大人猫を追いかけることも自然と減ります。

スポンサーサイト

爪を立てるネコ

猫の中にも凶暴性な猫というのがいます。しつけとして、突然凶暴性が出てきた場合は原因を見つけて取り除いてあげるようにしましょう。
また手を猫に近づけると爪を立てたり、咬みついたりなどする猫はよくいますよね。
こういう猫は子猫のときに親兄弟と離れて1匹で暮らすようになった猫によく見られる行為です。
親猫とかから咬まれた経験が無いために、咬む限度というのがよく分からないのです。
子猫が噛み付くなどする場合は飼い主がきちんとしつけるようにしましょう。
しつけの仕方ですが、咬まれたら「駄目!」と声を出して叱るようにします。
叱られても止めない場合は、口元か鼻をかるく指ではじくようにしましょう。
決して強く叩いてはいけません。これを繰り返すと咬むと怒られるという認識が猫につきますので咬まなくなってくると思います。子どもと同じように、その中でも一緒に生活していく上での善悪はつけさせなくてはいけませんので、出来るのならば子猫のうちからしっかり、やっていいことと悪いことの区別を付けさせるようにしましょう。これも、人間の子どもと同じですね。中学生ぐらいの年になってからしつけをしても、殆ど無理ですからね。
子猫のうちは、テーブルの上に上がったり、甘咬みしたりする行為さえも、とても可愛く思えてきちゃいますが、同じ行為を大人の猫になってから直すのは大変です。叱らないといけないと思ったときは、心を鬼にして叱ってしつけるようにしましょう。そこで、 しかり方ですが、猫がいけないことをしたらその場で声を出して「駄目!」というか、新聞紙などを丸めて猫の近くを叩いてびっくりさせるかして、「こういうことをしたら嫌な事が起きるんだ」という事を猫に覚えさせましょう。

ネコが転がりだしたとき

・痛みから防衛する形で攻撃をする場合があります。どういうことかというと、怪我をしているときにその箇所に触られた場合は威嚇をしたり、歯槽膿漏で口の中がいたい場合、リュウマチになってしまうと抱かれること自体嫌がったりする猫もいるほどです。
・遊び足りなくて攻撃的になる場合もあります。室内猫によく見られるケースですが、こういった場合は走り回れるようにおもちゃを使ったり、もう一匹飼って遊び相手を与えてあげたりすると言うのも手です。
・ホルモン異常
 猫も年を取ってくると甲状腺機能亢進症というホルモン異常を起こす場合があります。こうなると突然凶暴になってしまう場合もありますので、すぐ獣医さんに相談してみたほうがいいと思います。最初のうちですが、リードを付けている状態でも車やバイクの交通量があまり多くないところを選ぶようにしましょう。そのうち、飼い主の近所の買い物についてくるようになるかもしれませんね。そうなったらお店に一緒に入るのは難しいと思うので「待て」を覚えさせるようにしましょう。何回か繰り返すと「待て」もちゃんと覚えるようになり、お店からでたらまたあるきだすというようになるかもしれませんよ。
このように猫は外出を覚えてしまうと外にでたがって仕方なくなります。あまり無理せず、ちょっとずつ道を教えていくなど猫にとって最低限の安全を確保するようにしましょう。
ただし、無理をしすぎて猫が帰ってこなくなったなんてならないように十分注意してくださいね。猫は野生時代、単独で生活を送ってきています。ですので自分の身を守るために自分で判断するというネコの習性が身に付いているのです。

だから誰かの指示に従うと言う必要が無いし、本能として身につているためにこういった現象が起きているのではないかと思います。

猫も教えれば犬のようにお手やお座りなど出来ると思いますが、元来覚える必要が無いものですので覚えようとしないだけだと思います。

そこで、猫に対しては「しつけ」という「命令」という考え方で接するのではなく
「提案」
という接し方のほうがいいと思います。

しかし、同じ家で生活していくのですからある程度のマナーに似たしつけというのはやはり必要です。
ですから、犬と同じように人間のルールを押し付けてコントロールするという方法ではなくて、猫も飼い主も快適に暮らせるようにお互いのルール作りをしてそれを一緒に守って行きましょうという提案が大切になります。

ネコを飼ってみた

今まで凶暴でなかった猫が急に飼い主に対して攻撃的な態度を取るようになった場合、原因はストレスではないかと考えられます。通常はそのストレスの原因を追究して取り除くと大丈夫だと思いますが、それでも直らない場合は病気の危険性も考えられますので獣医さんに相談してみるのをおすすめします。以下に、急に攻撃的になる場合のケースを挙げてみましたので参考にしてみてください。
・新しいペットが入ったり、引越しや留守がちになったりするなど今までと生活環境が変わってしまった場合、攻撃的になる場合があります。・虐待を受けている猫は自己防衛本能で攻撃性を持ってしまう場合があります。また、親猫が子猫を守ろうとして知らない人が近くに来ると攻撃的になる場合もあります。動物を飼うときに、ただえさをやるだけの状態で飼っているのでは、飼い主としては失格でしょう。動物を飼う場合は、最低限のしつけというものが大事になります。猫のしつけ方のHPですから、ここでは猫に対するしつけのお話を、ご紹介してみたいと思います。猫が悪いことをしたらその場ですぐに叱るようにしましょう。後で叱っても猫は何に対して怒られているのか分かりませんので注意するようにしましょう。まず、最初に覚えておくべき事は、『しつけ』と言う言葉の意味。“(人間に都合が良いように)言うことを聞かせる”と誤解していませんか?犬の躾方法で猫を躾けようとしていませんか?そもそも猫は犬と違って飼い主を“自分より身分が高い敬うべき存在”とは思っていません。ですから、人に命令されても従う気は無いのです。 『しつけ』の本当の意味は、“作法を仕込むこと。家庭の教育”です。そして、そういう意味の躾は猫にも十分に可能です。猫を上手にコントロールするための一番重要なことは、命令する(=人間の都合を押し付ける)のではなく、『猫の立場で物を見る』と言うことです。トイレなどのしつけも重要です。これで、ほとんど100%の問題が解決します。成功の鍵は、猫の立場で物を考え、猫にも納得できるような有効的な躾け方を知ることです。 それでは、猫の立場で考えてみましょう。
プロフィール

FC2USER523359UKN

Author:FC2USER523359UKN
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。